一粒万倍日 (旧暦 師走七日)

『33歳独身女騎士隊長。 2』 天原/フレックス コミックス メイル隊長よりメナ副長推しの妖之佑としては実に嬉しいカバー絵♪ 次にカバーを飾るのはザラ隊長かフローレス隊長か、はたまたシルビア王女か。 作者さん、第一巻にて「2巻は三年後」っておっしゃ…

十四日年越 (旧暦 師走二日)

『1日外出録ハンチョウ 10』 福本伸行・萩原天晴・上原求・新井和也/ヤンマガKC 『トネガワ』が終わり『イチジョウ』が始まろうというこの時期に、二桁来ましたか。好調ですね。 コロナ禍ネタがあったり、「ねりまえん」という名の豊島園ネタがあったりと…

朔 (旧暦 師走朔日)

『姫様“拷問”の時間です 5』 春原ロビンソン・ひらけい/ジャンプ コミックス プラス 魔王様と聖白騎士のアニメ談話に仲間入りしたい。 深夜に立ち寄った山中のサービスエリア(自販機のみ)を「宇宙船」と例える感性は素晴らしい。つか、「もう少し走れば魔…

浅草歳の市 (旧暦 霜月三日)

よぉーく考えたら。 キラは法規上は犯罪を犯していないよね。 つまりキラとLの闘いって、キラは実のところ違法行為をしてなくて(それとも軽犯罪くらい、やってたっけ?)、むしろLの捜査方法こそ違法行為てんこ盛りだよね。 そもそもLが日本の法律に縛ら…

出雲大社神在祭 (旧暦 神無月十一日)

『涼宮ハルヒの直観』 谷川流/角川スニーカー文庫 発売日、三軒目の本屋でゲット。 シリーズ随一の分厚さ。 初版限定のカバーは長寿作品ならではの、ささやかに楽しい仕掛け。 読むのは、これから。

庚申 (旧暦 長月廿八日)

『姫様“拷問”の時間です 4』 春原ロビンソン・ひらけい/ジャンプ コミックス プラス ガチで魔王軍に就職したくなった第4巻(笑)。 新種のおいもを開発してたり、おいもほり大会の裏方を最強戦士たちがしてたり。 いつから魔王軍は農協になった? バニラは…

(旧暦 葉月丗日)

『幸せカナコの殺し屋生活 4』 若林稔弥/星界社COMICS 第三巻のときにやった予想は半分当たり半分外れ。 ラブコメ路線が加速、というのは予想どおり。 でも、その後の展開が予想外すぎてもう……。 ていうか、「明るくニコニコ暗殺」という作品コンセプトは、…

下弦 (旧暦 葉月廿四日)

『かっこいいスキヤキ 新装版』 泉昌之/扶桑社 ゲッ これは夜行じゃない 夜港だっ! なんてこった!! 今まで俺は…… こんな本買った俺がバカだったんだ 文庫本でガマンすればよかったんだ いや、どこかで立ち読みしてくりゃあ…… うう、通販になんて 通販になん…

(旧暦 葉月十一日)

朝日新聞の土曜版にて連載されていた『火の鳥 大地編』が完結しましたね。 長かったなー。ここまで長期に渡るとは思ってませんでしたよ。なので読んでて途中、挫折しそうになりました(笑)。だって、ダラダラすぎるんですから(爆)。 完結まで欠かさずきっ…

彼岸明け (旧暦 葉月九日)

『ちょっとだけ変な世界でアルバイト』 山北東/ガンガンコミックスpixiv 絵柄に何か絵本っぽさを感じて衝動買いしました。 完全に予備知識ゼロ。もちろん作者さんのことも存じ上げません。 何も知らぬままの、カバー絵買いです(超久々だな、これやったの)…

朔、八朔、穂掛け、八せん終わり (旧暦 葉月朔日)

『スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました 7』 森田季節・シバユウスケ・紅緒/ガンガンコミックスONLINE 『ヒラ役人やって1500年、魔王の力で大臣にされちゃいました 3』 森田季節・村上メイシ・紅緒/ガンガンコミックスONLINE 『150…

下弦、二百二十日 (旧暦 文月廿三日)

余韻を引きずってる『渡り鳥とカタツムリ』(高津マコト著)。略して『わたカタ』だそうな。 ちょいとネットを駆使して、つぐみさんと雲平くんの旅を追いかけてみようと思い立ち。 つぐみさんと雲平くんが初めて出会ったのは、九十九里海岸は蓮沼に在る道の…

一粒万倍日 (旧暦 文月廿二日)

ほうほう、『ハルヒ』の新刊、来ますか。 九年ぶりとは思いませんでした。『驚愕』って、そんな前でしたか。はー。 アニメは「8」で良くも悪くも巷を騒がせたし。 原作は角川スニーカーから角川文庫へと進出したし。 そんなこんなで、またもスニーカーから…

八せん始め、一粒万倍日、不成就日 (旧暦 文月十九日)

『1日外出録ハンチョウ 9』 福本伸行・萩原天晴・上原求・新井和也/ヤンマガKC 『トネガワ』が終わったんだそうですね。読んでませんけど。 こっちは大丈夫なのかな? まあ、お二方ともカイジに出会うまでは絶好調だから……(爆)。 善光寺って一年前でし…

二百十日 (旧暦 文月十三日、迎え火)

『渡り鳥とカタツムリ 1』 高津マコト/クランチ コミックス 何と申しますか。演歌とか、あるいは昭和のホームドラマみたいなタイトルですね。 いえ、バカにしているのではなく、きっとそういう空気を求めているのではないかと感じたのです。 まあ、二つの単…

不成就日 (旧暦 文月十一日)

前巻から十ヶ月くらい? つまりは、ほぼ一年ぶりみたいなもんですかね。 待ち遠しかった。 『ラーメン大好き小泉さん 9』 鳴海なる/バンブーコミックス 今回、何か微妙な違和感を抱きました。 9巻の大半が雑誌横断企画の作品だったからなのですね。なるほ…

上弦 (旧暦 文月八日)

妖之佑にとっての経典と言えば、もちろんトキワ荘のお歴々による名作群です。 そして、『うる星やつら』は教科書かな。 で、参考書が『県立地球防衛軍』でした。 『下のほうの兄さん』 安永航一郎/BCモバMAN いやー、この人の本買うの久々ですわ♪ て言うか、…

(旧暦 文月七日、七夕)

う~ん。 ライターが見当違いや認識不足を露呈した記事を書くのは仕方ないとしても。 手綱を引くべき編集長とかデスクとかが、いないんでしょうか? そもそも、このライター、『うる星やつら』や『めぞん一刻』をラブコメと言うあたり、なーんにも判っちゃい…

(旧暦 文月二日、虫払い)

これも積ん読本。 たぶん十年近く積んだままだった。(;^_^A 『日本以外全部沈没 パニック短篇集』 筒井康隆/角川文庫 表題作『日本以外全部沈没』は、何とも酷いものである。そもそも小説の体裁をなしていない。ただただ、思いついたままを書き殴っただけの…

天一天上 (旧暦 水無月廿九日)

そりゃ行きたいですよ、某県庁所在地。 通販サイトを巡回するより、現物の並んだ店舗を巡るほうが楽しいに決まってます。 でも、行けない。万が一にもウイルスを持ち帰るわけにはいかない。ならば田舎に引っ込んだままでいるほうが安全度は高い。わざわざ人…

(旧暦 水無月十六日、嘉祥)

『姫様“拷問”の時間です 3』 春原ロビンソン・ひらけい/ジャンプ コミックス プラス あいかわらずの拷問三昧。 そんな生活に姫様も、すっかり馴染んで(聖剣エクスによる「全自動運転」という表現が最高♪)。 カバー絵で初めて判った、トーチャーさんの瞳の…

(旧暦 皐月廿八日)

『よーじょらいふ! 1』 あまー/バンブーコミックス 最初に言っておく。 妖之佑は炉ではない。ある程度の二次コンは認めるが、断じて呂ではない。ここ、重要ですから(鼻息)。 性転換モノ? 精神入れ替わりモノ? 生まれ変わりモノ? 単なる変身モノ? 実…

下弦 (旧暦 皐月廿三日)

名作ですよね、これは。https://news.yahoo.co.jp/articles/47d421e72c6fd416e1ce0f52faa4abe83d51ce2e 一作目が三十年以上前。 で、出たばかりの新刊が第五作目(すぐ買ったけど、まだ読んでない……)。 何とも気の長いシリーズです。 これを原作にしたNH…

(旧暦 皐月六日)

『ガンズ n' プライド 02』 伊藤イット/ヤングガンガンコミックス 待ちに待った第二巻(完)。 …………へ? (完)ですと? あちゃー。打ち切りですか? いや、さすがに最初っから全二巻予定じゃあなかったでしょー。 人気、出なかったのかなぁ…………。 例によっ…

不成就日 (旧暦 皐月五日、端午)

ふたたび『河童の三平』について。 あれから二ヶ月ほど。 読み返せば読み返すほど、さらにまた読みたくなるんですよね。 読み返しで感じたことをネタバレ含めて記しておきます。 畳んで保護色にもしておきます。駄文ですので、お読みになってから怒らないよ…

(旧暦 皐月三日)

『ビッグX』全三巻 手塚治虫/集英社文庫 これも、きちんと全話を読むのは初めて。 つか、この頃の作品って、どれも摘まみ喰いレベルなんだよなぁ。『ブラック・ジャック』と『009』と『バビル二世』くらいか、最初っから気合い入れて全話読んだのは(と…

朔、夏至 (旧暦 皐月朔日)

『おじさまと猫 5』 桜井海/ガンガンコミックスpixiv まずは、前巻の最後に出てきた親子にお詫びしなくてはならぬ。 「毒親」などと言って申し訳なかった。 あの黒いメインクーンは、てっきり飽きられて捨てられたものだと思い込んでたんだよ。 だってサー…

天しゃ (旧暦 閏卯月廿九日)

『ダンジョン飯 9』 九井諒子/ハルタコミックス いよいよ巻数二桁が目の前ですね。 たいへん失礼ながら、ここまで続くとは思っていませんでした。基本、ネタ系の作品という理解でしたから。 前にも増して、ストーリ重視のシリアス内容で。だからこそ続いて…

八せん始め (旧暦 卯月十七日)

ふむふむ。https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2005/01/news022.html 悩んだときは素直に発表順が妥当だと思います。リアルタイム読者に近い感覚で触れられますし、何より手塚先生がその順番で執筆・発表なさったことに意味や意図があるはずですから。 …

(旧暦 卯月八日、灌佛会)

『ジャヒー様はくじけない! 6』 昆布わかめ/ガンガンコミックスJOKER 何だろうなぁ。 主人公って誰だっけなぁ。 と思えるほどに、この巻は魔法少女推しでしたね。 魔法少女こと神宮きょうこちゃんが可愛くて可愛くて♪ いやまあ、ジャヒー様の立場で考えた…