彼岸入り、庚申 (旧暦 葉月廿二日)

 f:id:mitaayanosuke:20190920020709j:plain
 『スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました 5』
  森田季節シバユウスケ・紅緒/ガンガンコミックスONLINE
 『ヒラ役人やって1500年、魔王の力で大臣にされちゃいました 1』
  森田季節・村上メイシ・紅緒/ガンガンコミックスONLINE


 ベルゼブブさん好きとしては待望の『ヒラ役人1500年』第一巻。『スライム300年』第五巻と同時リリースというのも景気の良い話で♪
 いやまあ、実のところ『ヒラ役人1500年』は公式サイトの連載で第一話から欠かさず読んでますけどね。でも紙の本は別格。やっぱり読書は紙に印刷でないとねー。
 多くを語ることは、やめておきますが。
 五百年前の地味子なベルゼブブさんの、責任のない気楽な地位でダラダラ過ごしたい願望とか、なのに長く下積みを真面目に続けていたために仕事スキルがほぼ最強レベルにまで無自覚に到達してたりとか、ために本人の意志に反して周囲によって目立つところに奉られてしまったりとか、二百年後に出現して五百年後に頭角を現す高原の誰かさんとそっくりなのが笑えます。意図的にやってんだよな作者さん。二人を同じコンセプトでスタートさせて、その後の展開を変えているワケですね。
 二巻は半年先かー(連載読むから、いいけど)。

 さて、本家のほう。
 二巻以降の感想を書かなかったのは、アズサさん同様に、妖之佑もスローライフ的にのんびりダラダラ楽しみたいという気持ちがあったこと、考察とか不要な気楽な作品だからということ、などがあってです。事件が起こっても円満解決、後に遺恨を残したりしませんからね♪
 今回はスピンオフと同時発売なので、ちょいと景気づけに。
 こちらも多くは語りませんが、一つだけ嬉しかったので。
 偽物が出たエピソードで、アズサさんが一人暮らしの頃を回想するコマ。あれ、ギルドのナタリーさんですよね。アズサさんが最初に冒険者登録したときの。原作小説がどうやってるかは知りませんが(読んでませんので)、ここをシバさんのお仕事と解釈させていただいて、ああ判ってるよな、そうだよな、そうに違いないよな、と感じたわけです。
 アズサさんが転生してきて最初に会った人はギルドまで案内してくれた親切なおばさんですが、最初に親しくなったのはナタリーさんに違いなく。毎日、魔法石の換金にギルドを訪れて、一ヶ月もすれば雑談も弾み、世代が近いことから半年もすれば友だちになっていたはず。その後のことを想像すると、ナタリーさんが年老いて亡くなるまで友だち関係は続いたものの、不老不死のアズサさんにとっては結果的に、かなりきつい数十年にもなったと思う。友だちは老衰し、自分だけ取り残されるわけですからね。ファルファに初めて会ったときに「300年間、恋とかその類のことは一切してないの」と言った背景にも、これがあったと思う。なので、ナタリーさんはアズサさんにとって最初で、しかも唯一の親友だったはず。その後は村人たちとは適度な距離での交友関係だったことでしょう。幸いというか、その頃には「高原の魔女」として敬われつつあったでしょうから村との距離感は自然と保てた。回想シーンで、ナタリーさん以外が出てくるはずないんですよね。
 だから嬉しかった。だって、時系列として仕方ないとは言え、プロローグに出たっきりでしたからね、ナタリーさん。
 だとすると、レベルMAX 発覚時に今のナタリーさんに言った「え!? あなたも不老不死!?」という台詞が違和感というか蛇足感アリアリですがねぇ……。今のギルド職員さんの名前を「ナタリー」にしなくても、よかったのにとは思う。コミカライズ一巻では巻末のオマケで「ナタリー工場」ネタで回収してますが、原作で何らかの形で回収したかどうかは知らないので。
 ときに、シバさんって高橋留美子さんのファンだったりします? 勘違い?

庚申待ち

 人体に潜むスパイ、三尸の虫から解放されるには仙人になるのが最も確実なんですが。
 その仙人になるのが難しい。て言うか、日本にいて仙人になれるかどうかも疑問ですけどね。
 いちおう役行者みたいな暮らしをすれば近づけるかもしれません。ある意味、役小角は日本版仙人みたいなところ、ありますし。
 ただ、不老不死となると、やっぱり正式に仙人向けの修行が必要でしょう。となると、まずは大陸に渡り、あっちの山々に籠もらないと。
 でも、独学で仙人になった人って、いるのかな? とは言え仙人に弟子入りとなると、さらに難しい気がします。
 世捨て人や隠者のレベルじゃありませんからね。
 日本において不老不死で山岳信仰だと天狗さんが挙げられますが、生きたまま天狗になった人って……いたような、いなかったような。うーん。

 ただ不思議なのは。
 仙人にしても天狗にしても、悟ったような風で実は、わりと酒池肉林だったりしますからね。まあ、天狗さんに関しては煩悩を捨てきれなかった者が墜ちた姿という説もありますが……そうなると秋葉山三尺坊なんて、どうなんだろ、という疑問も沸きます。ああ、ややこしい。
 とにかく、世俗すべてを捨てた仙人が、なんでか酒を呑み肉を喰らう。妖之佑のような凡俗には意味不明でございます。
 実際のところ、大悟したはずの一休禅師も大酒呑むし肉喰うし女抱くし男色まで……なんですよねぇ。

ようやく、ここまで来たか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190919-35142842-cnn-int

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190919-00010004-newsweek-int

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190919-00000004-giz-sci

 コメントを見ると誤解している人も多いようですが。
 これは、米軍が軍事的国防的脅威に真摯に取り組む姿勢を見せただけのことです。地球外知性体の存在に言及したわけではない。
 自国の領空内を正体不明の物体が飛んでいたら不愉快だしキモイし危険かもだし、ってコトね。だから目撃したら黙ってないで報告しろよ、と公言・広言した。
 航空自衛隊や日本の航空会社ではパイロットが、この手の異常な目撃を報告すると左遷させられるというのはデフォらしく。元自衛官さんのUFO著書では、組織の石頭さを日本の防空にとって危険な姿勢だと批判なさっています。
 日本に比べれば現実をしっかり見ると思われる U.S.A. ですが、ことUFOについては、どうなんでしょうかね。かつてのグラッジあらためブルーブックも、一見すると真摯な調査活動に見えて、実はUFOを完全否定するためのお膳立てにすぎなかったことは後世あきらかになってますし。どこの国にも馬鹿な石頭はいるということか。
 そんなこんなで、ようやく米軍が積極的な目撃報告を促す姿勢を見せた。これは真面目に国防を考える人が増えたことと、あとUFO……いえ、UAPの存在が無視できないほどに大きくなっているのかもしれませんね。
 昔、『11PM』のUFO特集で、ときどきコメンテーターとして出ていた米国公文書の専門家氏(今は政治家になってますがね)によると、こういった目撃報告と軍がそれをどう確認したのか、あるいは確認できずに終わったのか、という情報は仮想敵国にとってたいへんに美味しいものなのだそうで。つまり未確認飛行物体をどう察知したか、どう調べたかということ自体が軍の探知能力に直結するので外には決して明かせない性質のもの、ということ。
 なので、今回の米海軍の姿勢がブラフでない限りは、わりと切羽詰まってねーか? とも思えるわけです。相手は露西亜か中国かナチ残党か? はたまた悪の秘密結社か? それとも…………?

(旧暦 葉月廿一日)

 カップヌードルのCMで『ワンピース』コラボをやってますよね。
 前回のゾロ編は、まあ普通。(をぃ
 でも今回のナミ編は一瞬、泣かされました。「無理しないで」の声がノン子さん、つまりベルメールさんなんだもんなー。
 遅刻したナミを叱ってるバイト先の店長らしき人がアーロンというのもメッチャ洒落が利いてます♪
『ワンピ』大好きな人たちが作ってるんだろうなあ。

(旧暦 葉月廿日)

 尼が「置き配」の実用試験を始めると聞いて。

 昭和の頃、ゆうパックでなく小包だった頃。
「置き配」はデフォでした。留守ならフツーに玄関先に放置してってた。書留扱いにしない限りね。
 マシなので隣家に代理で受け取ってもらう。なので、お隣への小包を預かってるのを子供が勘違いして開封、中身を取り出してしまう、食べ物なら喰ってしまう、というネタが漫画やドラマにあったものです(今だと理解されない展開ですね)。
 創作ネタはともかく、↑な緩い対応が可能だったのも、当時の日本全体が緩かったからだと思います。それと、日本人の行儀の良さ。こういった環境に郵便小包は甘えきっていた。

 で、令和になり、尼の日本法人が「置き配」にシフトしようとしている。宅配ボックスはともかく、玄関先や自転車のカゴだなんて、もう時代錯誤以外の表現が思いつきませんですよ。
 今は日本国内に外国人が山ほどいます。それに比例して当然、日本の倫理道徳が通用しない輩も山ほどいるわけです。「そこに放置してたから貰って何が悪い?」と言うゴミクズどもがワラワラいるのです。連中にすれば、例えば自販機やATMは「野外にお金が捨ててある」感覚ですからね。ぶっちゃけ、連中の前では施錠できる宅配ボックスだって無力だと思う。
 ついでに、最近の煽り運転などの事件を見るにつけ、日本人の民度もダダ下がりしているようですし。「届いてない」と品物の二重取りを目論む輩も出てきそうですね。こういった連中のせいで、本当に盗難に遭った顧客が自身で盗難被害を徹底証明しない限り損害補償されないなんて厳格な構図にもなりかねないんじゃないのかな。
 けっきょく「置き配」は犯罪誘発効果を発揮するだけでは? と外野から心配してますよ。
 星新一さんの作品に、注文すると自室内の受け取り口に届くってのがあって、あれだと荷物は安全だけど……あれはあれで、もしも送り主そのものが邪だと超怖い(苦笑)。

 多治見という田舎町(住人のかたがた、スマヌ)での実験はタテマエにすぎないでしょう。人の少ない地域での、まやかしの“安全性”を証明するためのね(分母が小さければ率はともかく“件数”だけは少なくてすむ道理)。
 で、都会で本格開始したら、大変なことになるでしょうね。まあオイラは、そうなるのを面白おかしく見物させていただきますが。
 ああ、妖之佑は、尼は代引きでしか利用しません。ですから「置き配」とは無縁のはずです。もしも「置き配」のために代引きを廃止すると言うのなら、尼と縁切りするだけですし。最近は、いろいろブラックな噂も増えつつある様子なので、尼の利用を減らしたいと思っていた矢先でもあり、「置き配」への移行で背中を押してもらえるかな? 程度の認識ですよ。

 在庫の豊富さ、捜し物の見つかりやすさでは確かにダントツで便利なんですけどね、尼。

 置き配には↓なリスクもあるそうな……。

https://togetter.com/li/1404353

(旧暦 葉月十九日)

 第三話にして初のOP。それによると、ライダーは五人登場するようで。
「一貫ニギロー」って誰のネーミングだよ。やっぱり或人? て言うか、クゼ・テッペイの中の人(キンちゃんが最初に憑依した柔道家の中の人でもある)、さすがに顔が中年になったなあ。
 人材不足を補うためのヒューマギアは理解できますが、後継者問題の解決には、ちょっと難しいんじゃないのかな。体が弱った大将に代わってニギローが仕入れをして板場に立つことはできますが、店を継げるわけではない。このままだと、けっきょく、まごころ寿司は大将一代で終わりますが……どうなの?
 パーカー男が現れる際に、犠牲者となるヒューマギアが「あれ?」とかするのって何かの伏線でしょうか。パーカー男が何か電波でも出してる? あるいは共鳴?
 ゲラは相変わらず力ずくで変身するのねん。片手でできるのはロックが甘くなってるからかな? で、イカだけに「イカせちまった」……。
 たった一件の契約失敗で大損害? そんなに経済基盤が脆弱なんかい? で、ゲソだけに「ゲッソり」……。
 ギャグにしか思えない「天空真心握り」の動画を後ろから一所懸命に観る秘書が……可愛い!
 イカの触手は反則でしょ。あんな同時大量ハッキングなんて。ニギローも、やられた。なのに秘書は特に防御する素振りもなく、これって秘書型は一般の労働者タイプと規格が違うということかな? 単にセキュリティが高いだけではなさそうな。きっと中盤あたりで一度はハッキングされるでしょうけどね、ポッピーみたく。
 ここで、ヅケマグロのときにはヒューマギアに理解があると思えた女刑事の言葉が刺さります。バックアップさえあれば復元できる、謂わば単なる道具だと。そんなに割り切れないよなぁ、マモルの事件を経験した或人には。
 まあ、ここで前回のラストが理解できました。若葉マークを付けたマモルはバックアップから作り直したマモル二世であり、バンダナは或人の思い入れで着けさせただけのこと。或人には、あれが心を通わせたマモルそのものでないことが判っていたからこそ、複雑な気持ちで見ていた。と。
 バルキリーチーターだそうで、それで敏捷さで闘う。……あれ? チーターって猫科で唯一、猫の動きをしない動物なんだが? その証拠に爪を収納できない。むしろ犬に近い体と動きなんだけどな。ほら、チーターの走りってライオンやトラよりハウンド系でしょ?
 まあいい。
 ゲソに対してサメの牙。大王イカも大ザメには勝てませんからね。にしても、シャウタに似てるなぁ(笑)。
 契約成立はめでたいけど、あんな事件を目の当たりにして、それでもヒューマギアを雇う大将、肝が太すぎます。いつまたハッキングされるか判ったもんじゃないのに……。
 で、イカだけに「いっか」は、いつもの解説付き。しかも決めポーズまで! 何と有能な秘書だ。
 最後の最後に爆弾放り込んでくれやがった。あの女刑事、スパイだったとは! おかげで、もうバレちまったですよ。やっぱIT機器はリスキーですね。いつ何時、変なものを入れられちまうか危なすぎる。なんでニギローまで社長室に入ってたのか不思議でしたけど、この伏線でしたか。
 ヒューマギアには心がない。なのに心があるかのように行動する。この矛盾をどう解決するのか。まあ、心を欲しがっていたブリキの木樵には実はちゃんと心があったわけですけどね。
 さて、イカを一貫おくれ。はい、アルトじゃーないとー♪




 嫌な男をふるのは自由だし権利だが、花束を踏みにじる必要はない。この時点でクソ女だと気づけよ。父親がギャンブル狂いなのには同情するけどね。
 ねこ姉さん、アングルが危ないです。あともう少し……。
 頭が八つあるからでしょうか、願いを八つも叶えてくれるってのはポルンガを越えてますな。声なんて一神龍だし♪
 三億円を願ったら父親が死んで保険金が下りた。婚約破棄を望んだら相手が軽飛行機に潰された。壊れろと願ったら間近で自爆して大怪我させられた。叶えかたが、いちいちエグいですね。こーゆーの好きだわー♪
 呼子の言っていた「とっつきにくい」とは、こういうことでしたか。オグロ山の呼子は人間が次々と入れ替わるタイプ。常に誰かが縛られていないといけないヤツ。形代でも使えば連鎖を止められそうですが、それにはヤマタノオロチを上手く騙さないとな。
 今回は登場した人間が全員クズだったこともあり、ダークな結末も楽しめました。どいつもこいつもザマァ♪ あの呼子から解放された男も戸籍とかないから、きっとすぐに落ちるところまで落ちますって。ついでに、あの質屋と暴どもも不幸になってほしかったなー。そこだけ残念。
 あいつ、鬼太郎の忠告を聞き入れてダイヤを渡してたら、どうだったんだろ? 性悪女に三億から半分ふんだくられても、残ったお金で、ある程度の幸せなら買えたかもしれないな。
 それにしても、ヤマタノオロチの目的は何なんだろうね? て言うか、本物の八岐大蛇じゃないよね、あれは。
 次回、ようやく九尾の狐。とすると地獄の四将は九月で終わるのかな。で十月からはバックベアード様の復活譚かもしれん。

鶴岡八幡宮流鏑馬 (旧暦 葉月十八日)

「無限の広がりの外を考えるのは無意味」と言ったのは『百億の昼と千億の夜』の阿修羅王でした。

https://netallica.yahoo.co.jp/news/20190912-24219909-tenkijp

 以下、妖之佑の個人的思考から記します。正解とは言いません。たぶん、まちがってます。ただ妖之佑は、そう考えている、ということです。
 そこンとこ、よしなに。

 無限という概念自体、意味不明なところもあり、混乱しますね。
 いちおう。
 私たちのいる、この宇宙はビッグバン以降ずっと膨張し続けている。とされています。
 その膨張ですが。膨張するからには中心があるはず。それは、どこなのか?
 例えば、地球から宇宙を観測すると、すべての天体が地球から遠ざかっている。ここから考えると地球が宇宙の中心となってしまいます。なら、ビッグバンは地球の位置から始まった? いえいえ、違うでしょう。
 おそらくですが。例えば、大マゼラン雲のイスカンダル星で宇宙を観測しても、すべての天体はイスカンダルから遠ざかっているはずです。何ならアンドロメダ星雲にある銀河鉄道999号の終着駅でもいい。そこで観測しても、すべての天体は遠ざかっているはず。
 これが何を意味するかというと、宇宙空間のすべてのポイントが中心になる、ということ。この宇宙のどこに行っても中心にいる、ということ。これは宇宙に中心がないということではないんですよね。
 判ります? 判んねーか。そりゃそうだ。
 少し想像力が必要ですが。一つだけ次元を下げて考えてみましょう。つまり我々の三次元宇宙ではなく、二次元宇宙を考えます。
 二次元とはxyの世界、縦横のみの世界、つまり面積だけの世界ですね。体積はない。その二次元の宇宙が膨張し続けており、どこで観測しても、すべてが自分から遠ざかっている。そういう状況とは何か?
 風船の表面にペンで点々をいっぱい書くとします。便宜上、この点々には太い小さいといった大きさがないものとします。で、この風船を膨らますと、点々は互いに遠ざかります。さあ、この風船の上に立って点々の様子を見てみましょう。すべての点々が遠ざかるのが判るでしょう。では立ち位置を変えてみましょう。やっぱり、すべての点々が自分から遠ざかっています。
 つまり、風船の表面つまり二次元宇宙では、すべての位置が膨張の中心である、と言えます。逆に一つに特定できない、とも。この二次元宇宙を旅する者は永遠に“宇宙の果て”には到達できません。謂わば、地球上を旅しても世界の果てが無いのと同じです。
 そう。二次元宇宙とは三次元球の表面に存在する、と考えると辻褄が合うんです。あるいは、二次元宇宙が三次元球を作る、と考えてもいい。
 さて。ここで一つ次元を戻しましょう。
 深く考えずに、事務的に↑の言葉に一つ足します。
 三次元宇宙とは四次元球の表面に存在する、あるいは、三次元宇宙が四次元球を作る。
 こう考えると、無限に広がる大宇宙の正体が見えてきませんか? 中心もなければ果てもない。“球体”の表面を移動するわけですから始まりも終わりもなくて当然。これが宇宙が無限であることの正体です。
 SFでときどき見かける、永劫と思われるほど長い長い旅をした宇宙船が最後に到着したのは、遠い昔に出発した故郷だった、というのは、これを根拠にしています。宇宙を一周したということですね。まあ地球を一周したら自動的に帰還となるわけですし、当然っちゃ当然。
 我々の宇宙から外に出るには、縦横高のxyzの軸だけではダメ。第四の軸に沿って移動しないといけないわけで。それが三次元の人間にできるのかどうか……たぶん無理だな。出たとしても、それは別の宇宙に、つまり並行宇宙に移動するだけで、第四の軸など認識できないはず。
 もしもできたなら、そいつは、もはや人間ではなくなってる。神みたいな存在になっていることでしょう。
 ああ、神とは四次元人なのかもしれないな。て言うか『百億千億』で MIROKU をこの世に遣わした黒幕は、まちがいなく高次元人だよな。
 とは言うものの、我々三次元人は、二次元世界の“人々”を認識できてないからなぁ。
 やっぱり宇宙の外には出られない、考えても仕方ない。阿修羅王の言うことは正しかったと。
 それとも、精神体だけの存在になったら別次元の世界も認識できるのかな? もしできるなら、寝ているときに幽体離脱する人なんか、それこそ宇宙の外側を見ててもいいはずなんだが?
 ちなみに妖之佑は金縛りの経験はありますが、幽体離脱は未経験でございます。はひ。

 以上、くっだらない戯言でございました。