朔、不成就日 (旧暦 弥生朔日)

 倫太郎、北極基地に復帰。
 とは言えまだ、わだかまりを残している模様。堅物ですからなぁ。
 そして、予定どおり芽依がメギド化。倫太郎がまた荒れる。
 この不安定さが倫太郎のキャラではあるんだが……ちぃと、くどいよな演出。
 一方、デザストが腐ってる蓮にラブコール♪ 案外と良いかもしれん、この二人がコンビ組んだら。

 ところで、スーパーヒーロータイムの所で聖刃と共演している白いアカレンジャーが気になってたんですが。
 現在放送中のゼンカイジャーは、ゴーカイジャー以来の、歴代戦隊の力を借りるパターンなんですね。だからデザインがアカレンジャー
 ディケイドに対してのゴーカイジャー。そして、ジオウに対するのがゼンカイジャーということですね。そのうち「ジオウ vs ゼンカイジャー」な映画も作られたりして?





 上げて落とすという基本。
 模擬射撃で満点。タコ戦で勝利。
 と持ち上げられて有頂天の北條刑事が、復活したタコ相手に、まさかの敵前逃亡は爆笑モノ。
 敵は得体の知れない怪人なんだから、弾が効かないところからこそ本番なのは小沢主任の言うとおり。
 これだからエリートは。
 というお定まりのオチでしたね。
 ついでに、尾室のお調子者ぶりも出てきて(ずーっと後への伏線でもあるな)。
 前作『クウガ』とは対照的に、『アギト』の警察幹部は完全な無能として描かれてて、まさに特撮のテンプレ。と言うか、これってむしろ第二期ウルトラのテンプレですね。責任回避にしか頭を使わない無能幹部が現場の足を引っ張るという、所謂「解散MAT」の系列(※ 第二期ウルトラ四作品は「解散MAT」「謹慎TAC」「脱出ZAT」「全滅MAC」と呼ばれているそうな♪ 思えば第一期、科特隊とウルトラ警備隊は偉大だった)。これって観ててイライラするから、何も平成ライダーでテンプレやらんでも、とは思います。
 これも前作と比較して、刑事の捜査が雑すぎて苦笑モノです。ついでに、「取調室でカツ丼」は嘘だと、昭和のうちに世間で周知されてるんですがね。
 謎要素は増えてきて、こちらは静かに盛り上がりつつあるようで。