一粒万倍日、三隣亡 (旧暦 皐月廿四日)

 スーパーセルだのゲリラ豪雨だの山津波だの線状降水帯だのと。私たち素人には馴染みのない用語だったものが、近年では普通に出てくるようになりました。
 竜巻は昔から知られる言葉ですが、天気予報等々で頻繁に触れられるようになったのは近年のはず。
 つまりは、異常気象がデフォになってきた、ということなのでしょうか。
 桑原桑原。