庚申待ち

 居反りって、前は誰だっけ? と調べました。
 ああ、そうだったか。成松から改名したばかりの智ノ花関(一度は教諭になったのに、辞めて入門したことで話題になった人。二つ名は「先生」)でしたか。そうか、あの取り組みか。
 小兵の智ノ花がスクワットみたく身を沈めて相手の上体をすかす感じから結果的に反る形になったヤツ。反って投げたというよりは、すかされた相手が倒れる流れの中で智ノ花の体も反った感じに思えました当時。回しは取ってたから投げてはいたんですよね。だから場内発表が居反りになった。

 比べたら今回の宇良関の場合は、ちゃんと反った力で相手を倒しているので、智ノ花関のより綺麗な居反りだと思いました。

 まあ居反りなんてのが、そもそも狙ってできるものではなく、流れの中で生ずる決まり手ですからね。だからこそ珍しいとされるわけで。
 全身のバネが良くないとあり得ない体勢だから、体重と腕力だけの力士では出せない、難易度の高い決まり手でもあると思います。体が固いと反る前に、たぶん自分から潰れる(苦笑)。



 庚申待ちと関係ないネタだけど、まあいいよね。