(旧暦 葉月十二日)

 夏休みが短く八月下旬には二学期が始まるのは、豪雪地帯だけだと思ってました。冬休みを長くせざるを得ない分、夏休みを減らして授業日数を、つまり単位分を稼ぐということですね。
 でも、今は特に寒冷地でなくとも、八月中に二学期が始まる所もあると聞きます。
 なぜ? 意味が判りません。
 だって、そもそも八月が暑すぎるから児童・生徒に無理させぬよう長期休暇にしたんじゃないんですか?
 なのに今は授業日数を増やす目的で夏休みを削る……いや、ヒートアイランド現象によって夏の猛暑は昔より確実に厳しくなっとるというのに? 元々は十月が主流だった運動会も九月に実施する所が多いとも聞きます。残暑厳しく紫外線もまだまだ強いのに? で、熱中症患者を大量生産? 教育委員会は馬鹿の集団ですか?
 ったく、これじゃ「8月32日」ネタも使えねーじゃねーかよ!(怒)